相変わらず暑いですね。-磯子ヴィレッジ-

 8月もあと10日です。
 ツクツクホウシの鳴き声も聞こえていますが、相変わらずセミの鳴き声がシャワーのように降り注いでいます。
特にミンミンゼミの鳴き声が多いようです。
時折、クマゼミの声も聞こえます。
 「暑い。」「暑いですね。」と口を開くと自然と出てしまいます。
暑さに強いモミジアオイが今年も咲きました。

 このところ全くと言っていいほど雨が降りません。
昨日も、夜、ほんとにわずかな粉糠雨が降った程度です。
深夜には雲はあるものの空に満月が浮いていました。
 暑さと乾燥の為か、落ち葉が多いので、この清掃と鉢植えの草木の水やりに追われています。
余りの乾燥に、庭を掃除すると土ほこりが舞ってしまします。
雨が欲しいのですが、今日も望めそうもありません。
 猛暑と貧雨(この言葉はないかな?)や局地的な集中豪雨。
異常な天候になっています。
しかし、従来に比べて異常であって、これからはこれが通常の天候になっていくのではないかと感じています。
 セミの鳴き声がシャワーのように降り注ぐ中、昨年あたりから、アブラゼミの鳴き声が少なくなったように感じています。
でも、アブラゼミはちゃんといるのです。

≪杏子の木に連なってとまっているアブラゼミ。4ひきいます。≫
オスが減ったのか?環境の変化なのか?他のセミ(ミンミンゼミ)が増えたのか?これまた、異常に思っています。
『モミジアオイ』
 毎年、夏に花を楽しませてくれるモミジアオイについて少し書いてみます。
モミジアオイは、株が残っていれば毎年発芽して花を咲かせます。
株分けによっても増やすことが出来ますが、種で増やしています。

≪花が咲き終わり、苞(?)に包まれた種≫

≪モミジアオイの種;黒い粒≫
10月ごろ種を採取し、翌年の八十八夜のころ蒔きます。

≪モミジアオイの発芽≫
大変良く発芽します。

≪1年目の苗≫
モミジアオイは、1年目は咲きません。
恐らく、3年目以降に咲くようです。
(苗が色々混ざってしまって何年目の苗かわからなくなってしまったり、植え替えによって咲かないこともあり、何年目で咲くのかはっきりわかりません。)
発芽から花が咲くまでの期間は待ち遠しいものです。
モミジアオイは、大きな草で、根も深く広く張るので地面に直接植えるのが良いのですが、管理しやすいので植木鉢に植えています。
出来るだけ大きな鉢に植える必要があります。

暑いですね。‐磯子ヴィレッジ‐

残暑お見舞い申し上げます。
 立秋が過ぎたと言え、暑さは今のほうが暑いです。
今日は、建物北側の日陰で35.6℃
秋の気配をどこにも感じられません。
どうぞ、ご自愛ください。

≪タカサゴユリ≫
 最近、庭に大変増えました。
特に、植えたり、種を蒔いたりはしていないのですが、あちらこちらで見かけるようになりました。
白い大きな立派な花です。
 タカサゴユリの生育に環境があっているのでしょう。
 こちらは、「モントブレチア」花期は7月中旬で、すでに花期を過ぎてしまいましたが、こちらも、植えたり、種を蒔いたりはしていないのですが増えています。
大変丈夫な植物で、少々乱暴に扱っても枯れたり、無くなってしまうことがありません。
以前から、なんという名前なのだろうと思っていましたが、調べずにいました。
立派な名前がありました。
アヤメ科の植物で根には球根があります。

≪モントブレチア≫(7月15日撮影)
『セミの羽化』
 暑さ本番となり、セミが次々に出てきます。
出だしが遅れていたようですが、真夏のセミ、アブラゼミの鳴き声を本格的に聞くようになりました。
 そして、アブラゼミの羽化に出会いました。
 セミの羽化の状況を順を追ってご覧ください。
21時;幼虫の背が割れて成虫の背が出てきた。

21時5分;頭が出た。

21時20分;頭が真下になった。それから徐々に頭を持ち上げ・・・・・、

21時27分;足が殻に届いた。

21時30分;殻から抜け出した。

21時38分;羽が完全に伸びきった。

21時54分;羽を畳んだ。

23時11分;だいぶ羽の色がついてきた。

 羽化開始から、ここまで約2時間です。
 朝4時過ぎ、飛び立っていきました。
後に殻だけが残りました。

 背が出た状態のままなど羽化出来ずに死んだセミをかなり見かけます。
羽化は、セミの生死を掛けた一大イベントなのですね。
『古家修繕』
 古家の修繕を少しずつやっています。
ガラス戸が1枚どうしても 開きません。
大分前から開かなかったようです。
窓の上枠が下がってしまったようで、がっちり固定されています。
ジャッキで広げてどうやらガラス戸を外すことが出来ました。

外したガラス戸の枠の上部を少し削って調整をしました。
これで、スムーズに開け閉めが出来るようになりました。
 また、網戸を付けました。

アルミのL字アングルを買ってきて上下のレールにしました。
古い網戸を利用したので、隙間がありますが、どうやら蚊の侵入を防げています。
 まだまだ直したいところは沢山あります。
このところ暑いので、ぼちぼちとやっていこうと思います。

予期せぬ事態-磯子ヴィレッジ-

 今日から8月。
夏本番です。
 暑中お見舞い申し上げます。
そして、大雨の降っている地域の方には、豪雨お見舞い申し上げます。
 夏本番を迎え、虫たちは元気です。
ニイニイゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミの鳴き声が賑やかです。
時折クマゼミの声も聞こえます。
そして夕方にはヒグラシが鳴いています。
 また、いろいろな虫が訪ねてきます。
雌のクワガタ。
 
カブトムシの雌。

 家の中にまで入り込んだムギワラトンボ(シオカラトンボの雌)。

そして、シオカラトンボ。
 
 今年は、真っ白な粉がついている木の枝が目立ちます。

この粉に手を近づけると動きます。
これは、ポッポムシの幼虫だそうです。
これが成虫になるとこうなります。

(木の枝の下側に1列に並んだ若草色の小さな虫)
手を近づけると逃げるように枝を回ります。
昔、ハトポッポと教えられました。
いろいろの呼び方があるようです。
『予期せぬ事態』
 パソコンの画面におかしな筋状の線が・・・・・
あれ?おかしい。
電源を切ってリセット。
あれ?立ち上がらない。
2度、3度繰り返しても立ち上がらない。
もしかしたら、さっきまで頭の真上で鳴っていた雷が原因?
夜も遅くなったのでその日は諦めてパソコンの電源を入れるのを止めましたが、「もし、立ち上がらなかったどうしよう。何のバックアップもとっていない。」心配で仕方ありません。
翌朝早々メーカーに連絡してサポートを受けました。
メモリ基板を抜き差ししたり、電源の入れ直しをしたりと指示を受け、その通り実行してみましたが、いずれをしても立ち上がりません。
結局メーカーの回答は、「すみません。パソコンの保証期間を過ぎています。交換部品がありませんので修理できません。」「ハードディスクは壊れていないようなので、データの取り出しは〇〇で行っています。〇〇の電話番号は××ですのでご希望でしたらそちらで承ります。」という趣旨の冷たい回答。
「どうしよう。」心配が現実になりました。
しばらく呆然としていました。
 そして、最後にもう一度、試すことにしました。
サポートの人にこちらが「他に対策は無いか」と何度も聞いたので、「メモリ基板以外の基板や電池の抜き差しも効果があるかも知れない」と言っていたので、それを試すことにしました。
すべて抜き差し出来るところを抜き差しして、電源を入れました。
 画面にノイズが入りながらもWindowsの画面が出るではないですか。
そして見慣れたデスクトップ画面になりました。
そしてそこには、「システムは深刻なエラーから回復しました。」とのメッセージ。
立ち上がった!!!
 
 しかし、いつまたダウンするかわかりません。
この機会を逃してはならないと早々データのバックアップをあまり使ったことのない外付けのハードディスクに始めました。
ドキュメントや写真のデータを50分ほどでバックアップ出来ました。
その後もパソコンは動作していましたが、何度目かの省電力状態からの復帰が出来なくなり、その後全く立ち上がらなくなってしまいました。
メール、メールアドレスそしてメールの添付ファイルのバックアップを取らなかったことが残念ですが、ドキュメントや写真のデータを残せたのは助かります。
パソコンの最後の頑張りだったのでしょう。
 ダウンしたパソコンは諦め、ほとんど使わずじまいのパソコンがあったので、これを使うことにしました。
しかし、インターネットやメールの立ち上げ方がわかりません。
とりあえず、今までのケーブルをつないでブラウザのソフトを立ち上げてみました。
いきなり繋がるではありませんか。
ホント?意外な感じでした。
自分のブログも見れます。
 メールは、メールソフトを立ち上げるとメールアドレスとパスワードを聞いてきました。
今までのメールアドレスとパスワードを入力すると即開通。これで良いの?
以前設定した時は、やれ送信サーバー名だとか受信サーバー名だとかなんだかんだとわからない項目を入力しなければならなかったのにと思いながら。
パスワードを思い出すのに苦労しましたが、それ以外は非常に簡単にすますことが出来ました。
そして、周辺機器のドライバーを設定しました。
これで、従来とほとんど同様の作業をすることが出来るようになりました。
 大変深刻な事態から早急に立ち上がれてほっとしています。
そして、バックアップの重要性とパスワード管理の重要を改めて感じています。
しかし、設定の容易性と裏腹に、かつては自分で設定しなければならなかった情報を自分は知らないで他者が知っていることになり、
色々の情報を知らないところで知られている怖さを感じました。

-盆の入り-磯子ヴィレッジ

 今日は、盆の入り
朝から、仏壇の盆飾りの準備、そして迎え火、お墓参りと大忙しでした。
仏壇の飾りは、いつもですと前日に行うのですが、盆の入りになってしまいました。
竹を切って来て飾り付けをしました。

 お墓の周りの木を少し今年の初めに切り、切った枝をそのままにして置いたのでお墓の掃除を少し早めに始めました。
7月10日、11日と2日ほど掛かって45Lのビニール袋に17個ほどの枝や葉を清掃しました。

≪清掃開始≫

≪清掃完了≫

磯子ヴィレッジ -七夕’13-

 今年も七夕飾りをしました。
願いを書いた短冊を吊るしました。

 今年は、竹の大きさを小さくしました。
大きさ的には、この程度が扱いやすいです。
竹の長さ約3m、竿の根本の太さが、直径15mmほどです。
細い竹に沢山の飾りを付けたので、竹が撓なってしまいました。
そこで、別の竹を添えて撓なりを押さえました。
 一昨日梅雨明けした7月7日は、朝から雲ひとつ無い天気です。
7月6日の梅雨明けは、昨年より19日、平年より15日それぞれ早いそうです。
 すごく暑く、少し動くと汗が噴出します。
その晴れた天気は、一日中続き、夜も雲ひとつ無い空模様で星も見えます。
夕方までは風が強かったのですが、その風も止んで穏やかな天候です。
こんな七夕の日が今までにあったかと思うほど良いお天気です。
 星は、見えるのですがどの星が織姫で、彦星か知識が無く分かりません。
明るく輝く星がいくつかあります。
それらのどれかが織姫、彦星なのでしょう。
 今年も後半が始まりました。
昨年末から今年初めに掛けて、好ましくない出来事が連続して発生し、今年前半はそれに振り回されて過ぎ去ってしまいました。
後半は、少しでも改善を図って行き、落ち着いた年末を迎えたいと思います。

≪クチナシ≫
 いつもの年ですと、花が虫に食われたりして花がぼろぼろになっているのですが、今年は綺麗に沢山の花が咲いています。
ちょっとこの写真では、見難いのですが、磯子ヴィレッジの環境バロメータとしているイトトンボが右側のクチナシの花のそばにとまっています。

≪ソテツ≫
 昨年は、新しい葉が出る頃天候が不順だった為か、葉が綺麗ではありませんでした。
今年は、芽噴きが早いようなので、早めに昨年の葉を切りました。

磯子ヴィレッジ-祝・富士山-

 今年も、半年が過ぎてしまいます。
早いものです。

≪ネジバナ≫
 今年は、こんな所にもと多くの場所で見かけます。
マンションの雨のあまり当たらない花壇に生えたネジバナです。
小さな花が螺旋状に咲いています。

≪ヤマモモ≫
 今年は、果実が良く実りますが、こちらも大変良く生っています。
すっぱい実のためか、鳥や虫が食べません。
生った実は、そのまま木の下に沢山落ちています。

≪ハンゲショウの花≫
ハンゲショウの花が咲きました。
前回花として紹介したのは、花の蕾。
花の一つ一つは大変小さな花です。
『富士山』
 6月22日、ユネスコの世界遺産委員会は、富士山を世界文化遺産として登録することを決めました。
これより、3ヶ月前の3月22日に久しぶり(数十年ぶり?)に三国峠(箱根)に行きました。
そのときの三国峠(箱根)から望む富士山です。

 午後1時過ぎになってしまいましたので、少しもやっていますが、全く雲が無く、
長く裾野を広げる広大で優美な富士山を見ることが出来ました。
 かつて、海抜42mの丘の上に地上高18mのアマチュア無線用のアンテナタワー(2012.10.5掲載)が建っていたときは、このタワーの上部から富士山を望むことが出来ました。
しかし、残念ながら、現在では磯子ヴィレッジから富士山を望む場所はありません。

磯子ヴィレッジ ‐夏至の頃‐

 一昨日は、夏至でした。
あいにくの雨模様でした。
このところ、雨模様の日が続いています。
夏至を前に日の出の時刻は、遅くなり始めています。
1番早かったのは15日で4時26分(横浜)でした。
ちなみに、札幌の日の出の時刻は。3時54分だそうです。
3時台ということで大変びっくりしました。
毎年この時期になるとハンゲショウの葉の白さに目が行きます。
古家の庭にも他の草花の中に埋もれるようにありました。

≪ハンゲショウ≫
つい白くなった葉に目が行ってしまいますが、葉の脇に小さな虫のような形のハンゲショウの花があります。

『トイを作りました。』
 雨降りになると気になることがありました。
建物のトイの水が、雨水マスに流れ込ます、たれ流し状態になっているところがありました。
北側の建物の影で、日も当らず、一度雨が降ると水溜りが出来たりして、いつまでもじめじめしていました。
近くに排水用マスを探したのですが適切な物が見つかりません。
わざわざ排水用マスを作るのも大変です。
ふと気が付くと、昔使われていた洗い場があります。
そこに排水口がありました。
ちょっと距離はありますが、トイを通す経路も確保できます。
この排水口まで、水を導くことにしました。
近くの家を壊したときに出た塩ビのパイプを利用しました。
塀に沿って、塩ビのパイプを通しトイとしました。
トイの勾配が上手く取れるか心配でしたが、「案ずるより生むが易し」と、とにかくやってみました。

(左奥の黄色の矢印↓から右手前の矢印↓まで)
上手く行きました。
水路を作って水を流すようなことは、子供の頃大好きでした。
歳を取っても何故か、水を流すことは面白いものです。

トイの出口から出ている雨水を見ているとワクワクします。
『竹との戦い』
 布袋竹の筍は、まだ出続けています。
既に、1000本以上の筍を処分しています。
筍の太さは、大分細くなりましたが、毎回かなりの数が出てきます。
筍は、地下茎に連なる他の竹の栄養で育つようです。
既に、親竹はほとんど伐採しまっています。
他の筍の栄養もかなり使い果たしたのではないかと思っています。
 地下茎の節ごとに筍を出すので、竹の節の数だけ筍が出るのではないかと思っています。

もう暫く、竹と戦ってみます。
どうなるでしょう。
『まだなっている。』
梅も杏ももうイヤと言うほどもいだのですが、まだ、毎日のように落ちます。

(落ちた梅の実)

磯子ヴィレッジ -ブログ開設丸6年‐


≪雨に濡れるアジサイ≫
6月15日は、ブログ開設の記念日です。
2007年6月15日にブログを開設して丸6年が過ぎました。
しかし、今年はブログの危機です。
ついに今年は、1件も投稿しない月が2ヶ月も続いてしまいました。
個人的なトラブルによるものもが原因です。
2月15日「NTTぷらら」から届いた
『【重要】ISPオプションサービスの一部サービス終了、新規申込受付停止について』の表題のメールもショックでした。
個人的トラブルの一因にもなりました。
メールの内容は、いくつかのサービスの終了とブログサービス「Broach」の新規受付を2013年5月30日(木)に停止するというものでした。
新規受付を停止したら、サービスを利用する人が少なくなっていくから、これって「ブログサービスをゆくゆく止める。」と言う事ではないか。
「止めるから、止めても良い様に準備をしておけ。」と言う事ではないか。
ブログの仕組を知らす、ただ単に利用しているものとしては、止められたら今まで書いた記事はどうなるの?
サービスが停止した後も続けるにはどうしたら良いの?
「準備をしておけ」と言われても、どのようにすれば良いか分らないことばかりです。
「NTTぷらら」に尋ねても、「まだ止めるわけではありません。対処方法については、自分で対応して下さい。」とそっけない返事。
高いところに梯子を掛けておいて、上ったらその梯子を外されたのと同じです。
酷い話です。
私にとって、ブログは「磯子ヴィレッジの今」を伝える大事な媒体であり、自分自身の記録でもありますので、今後も続けて行きます。
今後ともよろしくお願い致します。

磯子ヴィレッジ-植物が凄い-

 先月29日に関東地方は梅雨入りしましたが、ほとんど雨らしい雨は降りません。
台風3号の影響で梅雨前線が北上し、いよいよ雨が来そうです。
 梅雨に入る前日の5月28日、横浜スタジアムがある横浜公園で開催された「横浜開港記念バザー」に出かけました。

1920年(大正9年)に始まって、今年は82回
 毎年植木を買いに出かけます。
良い物を探そうとするとやはり初日が良いので、初日に出かけました。
家にあるアッツ桜が扱い易く、毎年綺麗に咲くので、少し量を増やそうと思い、今年は、アッツ桜を目当てに行きました。

しかし、ついつい好きなサツキに目がいきます。
今までは、艶やか色のサツキに目が行ったのですが、今年は淡い色のサツキに目が行きました。
もうサツキは良いやと思っていたのですが、ついつい淡い色のサツキを3鉢購入してしまいました。
昨年の開催期間は、5月30日~6月5日、今年は、5月28日~6月3日と2日ほど早い開催でした。
それにも関わらず植木市の花は時期を過ぎたものがかなりありました。
今年は、花の時期が早いようです。
アッツ桜も時期を過ぎていた物が多かったようです。
来年の開花を楽しみに花期を過ぎたアッツ桜を2鉢300円で購入しました。
昨年購入した梅花ウツギも沢山売られていましたが、やはり満開の時期を過ぎていました。
「梅をもぎました。」
たくさんの実がなりました。

これ一枝で、実に51個もの実がなっていました。
 もぐ時期がいつなのか全く分らなかったのですが、一時的に落ちる実が少なくなった時がありました。
例年より早いように思いましたが、今だと思って6月2日にもぎました。
一本の木全体で、49.4kgの実を収穫しました。

これは、全体の半分です。
一粒の梅の重さを計ってみると、

平均で、1つあたり約31gとなりました。
1600個ほどもいだことになります。
「杏ももぎました。」
こちらも大変な収穫です。

大粒で、種が小さく果肉が多い立派な実です。
「金柑ももぎました。」
金柑も沢山生っています。

かなり大きな実です。
枇杷も大きな実では有りませんが、沢山の実をつけています。

緑の葉の中に黄色の点に見えるのが枇杷です。
左隣の栗の花も満開です。
今年は栗も豊作かな?
楽しみです。
実ばかりでなく、花も良く咲いています。
こちらは、毎年登場する泰山木ですが、今までに無いほど沢山の花をつけています。

緑の葉の中に点々と白く見えるのが花です。
木々の生長もすごい。
名前を知りません。

 従来は、無かった木ですが、このところ急に本数が増えました。
恐らく外来の木でしょう。
幹や枝全体にトゲがあります。

成長が早く大きな木に育っています。
従来からある木を日陰にして枯らしてしまうのではないかと伐採をしています。
幹や枝に刺があるのでとても扱い難い木です。
ゴム引きの軍手を使うことでトゲが手に刺さることを避けることが出来ますが、大きなトゲやしっかり木を握ったときなどは、やはりトゲが指や手にささります。
そんなわけで、指や手はキズだらけです。
また、この木は葉の落ちる時期には、葉の付いていた小枝も一緒に落ちるので、落ち葉の掃除の時は邪魔になり扱い難い木です。
「草の成長もすごい。」
コセンダン草が擁壁の下の僅かな隙間に沢山生えています。
コセンダン草と言うと秋のイメージなのですが、この時期にも生えてトゲトゲの実を付けている物もあります。

これを抜きました。
切っただけでは、そこからまた成長しますので、出来るだけ抜くようにしています。
抜き方にもコツがあります。
擁壁が斜めになっていますので、根も斜めに生えています。
出来るだけ草の根本を握って体を擁壁にくっつけるように斜めにして、根を真っ直ぐに引っ張ります。
するとかなりスムースに抜き取ることが出来ます。
とは言っても全てが上手く抜ける訳ではありません。
 コセンダン草は何の役にもたちませんが、フキは食用になります。
私は、あまり好きではありませんが、好きな方のリクエストによりフキを採りました。
もう今年は最後と思いますが、大変立派なフキを採ることが出来ました。

とにかく、今年は植物が凄い。
今年は、植物の成長に適した天候なのかもしれません。
それに、今年は、毛虫や青虫が少ないように思われます。
そんなことも植物の成長を助けているようにも思います。
何か天変地異の始まりでなければ良いのですが。
変わった事があると、良いことでもついついこう感じてしまいます。

磯子ヴィレッジ ‐エネルギーは何処から?‐

 今日は、一日雨降りです。

雨に濡れる大盃(サツキ)
 梅の実が沢山落ちています。

梅の木を見上げると実が鈴生りです。

梅が自ら実を落として太らせる実を選別しているのでしょうがもったいなくも思います。
梅の実のもぎ時はいつでしょうか?
「今でしょう。」という声が聞こえてきそうですが、もう少し待ってみます。
 こちらは、ユスラウメの実。

パチンコ玉ほどの実が鈴生りです。
真っ赤に熟れておいしそうです。
ほとんど果肉はありませんが、甘酸っぱさが口の中に広がります。
今年は、果実の当たり年のようです。
 
 又、今年は「みどり」が大変元気です。
何処を見ても青々と生い茂っています。
気候のためか?
あるいは虫が少ないのかもしれません。
毎年、鉢植のツツジに沢山の青虫が付き、新芽を食べてしまうのですが今年は、付きません。
 生垣のマサキにも毛虫が例年沢山付くのですが今年は少なかったように思います。
道の両側の生垣も大きく枝を伸ばしてしまいましたので、刈り込みました。
道が広がり、すっきりしました。

今年は、沢山の木を剪定しなければならないようです。
「布袋竹の筍」
竹も元気です。

布袋竹の筍が生えています。
竹を増やしたくないので、既に600本以上の筍を処分しました。

 それでも毎日沢山の筍があとからあとから生えてきます。
そのエネルギーは一体何処からくるのでしょうか?
不思議で堪りません。
筍自体に蓄えられているのでしょうか?
地下茎?
親竹から供給される?
 木々や竹だけでなく、こちらもすごい数です。
 例年2月の雪の降る頃にカエルが卵を産みにやってくるのですが、今年は、なかなか来ませんでした。
「もう無理かな。」と思っていましたら、3月初めに卵を産みに来ました。
その卵がオタマジャクシになっています。
判り辛いかもしれませんが、左下の黒いのがオタマジャクシの群れです。
すごい数です。
スイレンの葉の上にも何尾か乗っています。

 これから足が生えて、梅雨時に池から出てどこかへ行ってしまいます。
 すごい数で思い出しました。
5月に入るとすっかり姿を見ることがなくなりました。
それまでは、夕方になると「ムクドリ」が大群となってやってきました。
そして、次の日の明け方まで木々の中に留まります。

  (夕焼けの空を飛ぶムクドリの群れ。黒い点一つ一つがムクドリです。
   3月10日撮影)
鳴声が大変賑やか(うるさい)でした。
群れが飛び立つ際の羽音もすごいものでした。
一体何処へ行ってしまったのでしょう。
現在は静かなものです。
又、今年の冬には戻ってくるのでしょう。
今は、鶯の鳴声が一日中聞こえています。